スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年を振り返って

ひさびさの更新となってしまいました。
コメントをくれていた方、申し訳ありません。書きたいことはたくさんありますが中々時間の都合をつけることができませんでした。

さて2014年、空を飛ぶということは本当に素晴らしく訓練の毎日は充実しています。
同時に航空業界は1年で大きく変わるということを身にしみて感じています。

航空会社の経営改善や東京オリンピック決定、羽田の発着枠拡大そしてパイロット不足の影響か航空大学校の就職率はほぼ100%となっています。1/3はANA本体、もう1/3はANA WINGS 残りの1/3はその他の会社という状態です。
JAL、ANA、SKYの3社の自社養成採用も継続、MPLもいよいよスタート。
桜美林、崇城、法政もANA本体の採用に挑戦できるようになるなど確実にエアラインパイロットになるための門は広がりつつあります。
客室乗務員に関してもANAの大量採用+正社員化。
ANA、JAL共に既卒での応募を年2回行うなど航空会社の乗員の確保の動きはここからもわかります。
LCCの台頭も目覚しくパイロットやCAになることが夢だった人にとっては氷河期が終わり春が来たといっても過言ではないのではないでしょうか。

一方でアシアナ機の事故、マレーシア航空の遭難と撃墜、エアアジア機の墜落などアジア系エアラインの悲しい事故が相次ぐ年でした。
どれだけ急な拡大や繁栄があろうとも安全という前提だけは崩してはならないそう思わせてくれる年でした。

2015年の飛躍と安全を祈りながら年を越したいと思います。
スポンサーサイト

2014年

ずいぶん久しぶりの投稿となってしまいました。

航空業界についてです。航空業界は本当に変動が激しいですね。

JALの自社養成パイロットの再開。JEXとJALとの統合。

ANAの777Xの購入の決定。ANA WINGSの規模の拡大。

スカイマークの動向。

LCCの動き、ピーチの機長問題、ジェットスターの路線拡大、バニラエアの新出発。

1年先がどうなるか本当にわかりませんね!

パイロット、整備士、CAこれからのあり方に注目ですね。

オリンピック東京開催決定



2020年オリンピック東京開催が決定しましたね。羽田・成田のインフラ整備が行われる可能性がでてきており航空会社の国際線事業を中心に明るい傾向ととらえることができます。

ところで2020年といえば7年後。
ちゃんと卒業し就職もしたとして地上研修も終え副操縦士としてすでに乗務している頃です。
オリンピック輸送に従事できたら本当に光栄なことだろうなと思います。
夢が膨らみますね。



さて最近のパイロットの世界ですがいろいろありましたね。

まずは2013年度、航空大学校の二次試験の身体検査が終了しました。受験生は結果発表までつらい時間ですが今の生活を大切に丁寧に過ごしてくださいね。


そしてスカイマーク自社養成の内々定が出たようですね。
噂によると残すは身体検査のみですが現段階ですでに50人は切っているとか。
内々定者の方すべてが身体検査もクリアされることを祈っています。


就職関連ではJ-airとJTAのパイロット採用再開ですね。
JTAはこれまでは航空大学校の学生しか採用してはいませんでしたが今回はどうなるのでしょうか。


そしてLCCの台頭。
ピーチ、ジェットスターの路線拡大に伴う機材増加とパイロット需要の増加。
バニラエア、春秋航空日本、リンクも着々と準備を進めているようです。


確実にパイロットの需要は高まりつつありますね。時代の波というんでしょうか。
チャンスですね。私も頑張りたいと思います。

これからの需要

お久しぶりです。
最近は同期とちょっと旅行に行ったり英語の勉強をしたり1人旅をしたり空飛ぶ広報室にはまったりしていました。

ここ2カ月航大の先輩や航空業界の方と話す機会が何回かあったんですがこの業界は本当に激変する業界だなーと思いました。

さまざまな憶測がありますが外れたり時期が大幅にずれることが多々あります。それを理解したうえで予想を立てようかなと。

現状をまとめます。
羽田と成田の発着枠の増加。
そして日本の会社のダウンサイジングと多頻度運航の流れ。
LCCやスカイマークの事業規模の拡大。
そして長らく停止していたJAlグループの機長昇格・副操縦士昇格訓練の再開。
団塊世代の高齢化。

いま確実にパイロット、CA、整備士はこれまでよりその数の増加が求められています。
ANA本体、JAL本体の採用数自体は一昔前に比べたら少ないままでしょうが子会社や新興エアラインを含めるとこれから航空業界に入ろうと思っている人にとっては景気のいい流れが来ていると考えています。
CAに関して言えばANAがスクールを立ち上げましたからね入社前から人材を育てれる確保できる状況を創っています。

2年後あたり日本のパイロットの需要は一気に高まると考えています。すでにスカイマークは自社養成を始めることが決定していますしね。

昔からの夢を叶えるところまであと一歩のところまで来ました。

航空大学校入学という選択は必ず実りがあると信じています。

今年の航大の一次試験まであと少し。受験生は頑張ってくださいね。




ひさしぶりに航空業界の記事でも

みなさんお久しぶりです。

最近パイロットの世界に大きく動きがありましたね。

エアアジアジャパンの撤退とスカイマークの自社養成。

エアアジアジャパンはおそらくブランド名をピーチに変更するのではないのでしょうか?
明日のピーチの新路線発表はエアアジアジャパンの機材を引き継いでのことなのではないでしょうか。

そしてスカイマークの自社養成パイロットの募集。
なんと50人。ANAの自社養成が10人程度しか採用していない現在では景気の良いニュースですね。

ただ募集条件が25歳までなので過去に自社養成や航大で涙を飲んだ人にもチャンスがあるというわけではないようです。そう考えるとJALの破綻からのここまでの5年間はパイロットを目指す若者にとっては大不況だったようですね。

日本の会社でa380に乗ろうと思うなら迷わずトライですね。
養成場所や期間、フェイルした場合の処遇などわからないことだらけですが可能性が広がるという点では歓迎すべきニュースでした。

私はまだ待機中ですが航空大学校に入学します。
スカイマークの自社養成に合格された方はぜひご連絡ください。コメントを私にしか閲覧できないよう設定できるはずなのでご使用ください。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。