スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空大学校受検に向けて 出願

これからぼちぼち私の航大受検の振り返りを感想文として書いていこうと思います。


現在私自身は脳波の結果待ちです。
これから受ける人にとって何か役に立つものを残せればと思います。

「注意」受検内容の記述はあくまで一般的な書物や航空大学校のホームページに記されていることまでしか書きません。

今年度の航空大学校の受検はまず募集をするのかどうかもわからない。

というところから始まりました。例年4月の頭に募集要項の詳細などがホームページで発表されます。しかし前年度の入学試験は震災などの一連の事件の影響のせいで募集人数は半分の36人に減り受検日程自体2ヶ月遅くなるという状況であり航空大学校の仕上げである仙台フライト課程での機材の減少のため在学生の多くまでもが訓練再開まで自宅待機を余儀なくされるという状況でした。

そのような状況では入学試験が行われるどころか航空大学校の存続さえも怪しいという話も本当に出ていたのです。

私も4月を迎え挑戦すらできなくなるのではないかともんもんとした気持ちをかかえ月日を送っていました。


しかし航空大学校の関係者様を始め私の想像も及ばない方々のおかげで今年は募集定員を72人に戻し試験を実施することが決定したのです。

それが7月のことでした。

大学の定期テストの時期で大変忙しいかったのですが募集要項をホームページからダウンロードし書類作りを行いました。震災前と変わって、受験料は1万円高くなり4万円。
航空大学校入学後も施設利用費として学生の負担が100万円増え寮費も倍の月1500円を負担することになっていました。
このあたりは震災前からこうなる流れはあったのでお金のない受験生にはつらいことですが仕方がないことなのかなと思いました。
http://www.youtube.com/watch?v=CYkP86muE8Q
このリンクは行政刷新会議「事業仕分け第2弾」の様子がYoutubeにアップされたものです。これを見ていただければなんとなくつかめるかと。
そうであっても当時私は挑戦することができると喜んでいました。
今現在もその気持ちは変わりません。

さて8月の半ば大学のテストも終わったところで1つ問題がありました。

1次試験の勉強が間に合うのかわからない。

これまで航空大学校の受検があるのか定かではなかったのでモチベーションが高まらず満足いくほど勉強できていなかったのです。


スポンサーサイト

<< モチベーション2 | ホーム | 航空大学校 脳波試験 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 初めまして

>みつさん
コメントありがとうございます。ちょくちょく更新していきますのでよろしくお願いします。
励みになるのでまたコメントしていただけると嬉しいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。