スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年度 航空大学校 募集要項発表

とうとう発表されましたね。

このブログへのアクセス数も一気に増えました。

一次試験の日程が七月に戻ったり名古屋会場がなくなったり何点か変更があるようですが受験生は精一杯頑張ってくださいね。

このブログが少しでも役に立てればと思います。

感想や要望、航大受験に対する思いや決意でも良いので良ければコメントしてくださいね。

コメントを参考に私も記事を書きたいなと思っています。

と言ってもこれをどこまで続けることができるかわかりませんが笑

来月から60回生は順次航空大学校に入学し始めます。
私も頑張りたいと思います。


みなさんが全力を尽くせるよう祈っています。
スポンサーサイト

<< 航空大学校受験に向けて 身体検査の開示 | ホーム | 航空大学校受験に向けて いつ受験するか >>


コメント

質問です

はじめまして。僕は文系大学の者です。
物理を全くやっていておらず、物理の対策に関してご質問があります。テキストは物理のエッセンスを使っています。
物理の範囲が物理Ⅰと物理Ⅱと範囲が2つありますが、物理Ⅱの範囲も勉強する必要がありますか?
今は物理に苦戦しており、物理Ⅱは飛ばしてやっている状態です。
それと航空関係のニュースの記事はどのようにしてチェックされていましたか?インターネットを使っての情報収集でしょうか?
お忙しいかとは思いますが、よろしくお願いします。

Re: 質問です

> ごろごさん
物理Ⅱはやらなくても良い範囲とやらなければならない範囲があります。例えば電気と磁気や力と運動は航大の募集要項に出ていますのでやる必要がありますが万有引力や原子と原子核などは勉強する必要がないと言えます。物理のエッセンスでは物理Ⅰだとか物理Ⅱだとかいう分け方ではなく項目ごとに分けているはずなので募集要項に書かれている項目を勉強してください。物理ⅠⅡという観念は捨てたほうが良いのではないでしょうか。
最近の航空大学校は英語では差がつかず総合が難化しています。物理の成績が合格を左右するはずです頑張ってくださいね。
航空関係のニュースはツイッターでFlyTeamニュースという航空ニュース配信用アカウントをフォローしていました。配信されるニュースの中でも気になるものはさらにネットで調べるようにしていましたよ。
あと3カ月ですね応援しています。

ありがとうございます。

takutakuさん
アドバイス本当にありがとうございます。物理ⅠⅡではなく、どこの範囲かというのを航大の発表した範囲と照らし合わせて勉強しようと思います。物理がんばります。
そのようなアカウントがあるのですね。今後しっかりチェックしておきます。

また何か質問させていただくこともあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

1次試験の件で質問なのですが、解答はマークシートなので計算の過程は評価されないということでいいんですか?

以前も質問させていただいた者です。
返信していただいてありがとうございました。

二次試験のことなんですが、肺活量や握力の試験はありましたか?
握力は今鍛えているところなのですが、肺活量には自信がなくて。

Re: タイトルなし

> みつさん
一次試験の筆記はマークする問題と記述させる問題がありました。記述させる問題ですが最終的な答えしか書いてはいけないので計算の過程は評価されることがありません。完全に解けるか解けないかですね。まだまだ実力は伸びます。頑張って。

Re: タイトルなし

> はるかさん
確か握力は測定したと思います。肺活量についてはそれらしい測定があった気がしますがどんどん色々な検査を受けていくのでよくわかりませんでした。航空身体検査の項目(http://www.aeromedical.or.jp/manual/index.htm)の呼吸器系のところに
問診・診察上必要と判断した場合には、呼吸機能検査を行うこと。呼吸機能検査は、簡易スパイロメーターでよい。
という項目がありますので測定されたとしてもおかしくはありません。肺活量については他の合格者にも聞いてみます。
握力・肺活量共に女性であると不安になりやすい要素ですよね。ただ握力や肺活量は訓練でその能力が向上すると聞いてますのでここは努力の見せどころです。女性が圧倒的に少ない業界なのではるかさんのような存在に私はとても勇気づけられます。このブログがはるかさんのチャレンジの役に立つよう祈っています。

返信ありがとうござます。

やはり肺活量は測定される可能性があるのですね。
握力とともに鍛えていこうと思います。

はげましの言葉を頂き感激です。
私も航大生になれるように頑張ります!!

つまり途中点というのはもらえないということですね

試験形式も変わって少々困惑していますが頑張ろうと思います。

質問です

以前、物理に関して質問させていただいた者です。

今年度の出題範囲に関して、takutakuさんのご意見を聞かしていただきたいです。
今年度の出題範囲の総合Ⅰの問題で、自然科学の基礎的知識を問うことを明記しているのですが、いまいちこれがどういったことを出題することを指すのかが分かりません。
総合Ⅱで自然科学の一般知識を問うということで、物理や気象の問題が出題されるにも関わらず、総合Ⅰでも物理や気象に関する問題を出題することを言っているのでしょうか。
問う形式が総合Ⅰでは、基礎的知識に対して、総合Ⅱは一般知識という表記の仕方が違うので、難易度的には総合Ⅰの方が物理や気象に関する問題が簡単ということのなのでしょうか?

お忙しいかとは思いますが、よろしくお願いいたします。

Re: 質問です

> ごろごさん
総合Ⅱで出題されるにも関わらず総合Ⅰでわざわざ物理や気象を出題するのは考えにくいです。意図がわかりません。
私はあくまで総合Ⅰは企業が就職活動の選考で実施するwebテストに近いものではないかと考えています。理由は航空大学校の研究報告にある職務適性検査を用いた選抜方式の有効性についてという報告を読んでもらえれば察することができるかと思います。http://www.kouku-dai.ac.jp/kenkyu/R59_02.pdf

ありがとうございます

takutakuさん
返信ありがとうございます。
ご意見ありがとうございます。
参考資料かなり参考になりました!わざわざありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。